Qなぜ、日本人は英語を聞き取れないの?

Aそれは、英語と日本語では使われる音声の周波数が大きく異なっているから。

日本語は母音が多い低周波音域中心。
英語は子音が多い高周波音域中心。

当然ですが、私たち日本人は、幼少の頃から高周波音域を聞き取るトレーニングをしていません。

日本の学校での英語学習の中でも、このようなトレーニングは行われていないので、日本人は英語を聞き取るのが上手ではありません。

これが日本人の致命的な弱点です。

エブリデイイングリッシュは、こういった日本人の弱点を理解した上で、弱点を重点的にトレーニングできるように開発されています。

発声時における日本語と英語の周波数帯の相違

※学習の期間や効果には個人差がございます。
※聞こえ方の程度は若干の個人差があります。

ページの先頭へ戻る

Qなぜ、流して聞くだけで話せるようになるの?

Aそれは、”日本語にない音”を的確につかめるから。

日本語は母音が多い低周波音域中心。
英語は子音が多い高周波音域中心。
日本語には、高周波音域の音があまりありません。

"英語耳"が身についていない状態で、いくら勉強してもなかなか英会話は身につかないのです。
まさに歪んだメガネでものを見ているようなものです。

まずは、この歪んだメガネ、"日本語耳"を改善させる必要があります。

エブリデイイングリッシュは流して聞くだけ。"英語耳"になりたい方のために開発された教材です。

英語耳になることで、英語が聞き取れるようになるだけでなく、英語の発音もより正確に学べるようになります。

なぜ流して聞くだけで話せるようになるの?

※学習の期間や効果には個人差がございます。
※聞こえ方の程度は若干の個人差があります。

ページの先頭へ戻る

Qなぜ、単語も文法もわかるし、文書も理解できるのに英会話ができないの?

Aそれは、”英語の語順感覚”が身についていないから。

日本語と英語では、語順がまったく逆さまになっています。
文法を勉強した人ほど、英語を後ろから読むクセがついています。

今までの学習方法で英語を勉強すればするほど、後ろから読んで理解するクセがついてしまいます。

この方法では、文章を理解することができても、英会話をスムーズに行うことはできません。
なぜならば、時間がかかりすぎるから。

頭の中で、英語の文章を日本語の語順に置き換えて、それから理解するという方法では、時間がかかりすぎて会話になりません。

"英語は頭(前)から理解する"というトレーニングを行うと、"英語の語順感覚"が身についてきます。

エブリデイイングリッシュを聞き流しながら、"英語は頭(前)から理解する"というトレーニングを行うことができます。

日本人にはない、"英語の語順感覚"を学ぶのです。

なぜ、単語も文法もわかるし、文書も理解できるのに英会話ができないの?

※学習の期間や効果には個人差がございます。

ページの先頭へ戻る