2014年8月8日

シンプルが一番!ビジネス英語の心構え5つ


Eシンプルが一番!ビジネス英語の心構え5つ[1]

 

「昇進の条件としてTOEICスコアが○○点必要」「海外赴任の可能性が出てきた」など、ビジネスで英語が必要になる可能性は少なくありません。とはいっても何から手をつけたらよいのかわからない・・・。そんなあなたへ、英語の勉強を始める前に知っておきたい心構えを5つご紹介いたします。

 

1. 英語はコミュニケーションのツール

 

  S1仕事で英語を使う人必見!ビジネスでよく使う英語フレーズ[1]

ビジネスにおいて、英語はあくまでも一つのツールです。英語力が全くなければ困りますが、あれば必ず成功するというものでもありません。ですから、英語だけに一生懸命になりすぎるのも考えものです。毎日集中して取り組める、メリハリの利いた勉強法が有効になるでしょう。

 

2. 完璧な英語を求めすぎない

 

 S2シンプルが一番!ビジネス英語の心構え5つ[1]

完璧な英語を話そうとするあまり、考える時間が長くなってしまう。これでは忙しい相手をイラつかせてしまうこともあります。多少のミスはネイティブも許容範囲ですので、失敗を恐れずに用件をすみやかに伝えましょう。相手の興味は、あなたの英語ではなく、あなたのビジネスのはずです。

 

3. シンプルな表現を心がけよう!

 

 E話し方がすべてだった?!英語が通じる3つの方法[1]

シンプルな英語を使うことを心がけましょう。ビジネスの場では相手に誤解を与えないことが重要です。そのためには、文を短くする、単語をやさしくする(専門用語は別ですが)などを念頭に置いて会話すると伝わりやすくなるはずです。

 

4. メールでは文法・単語の間違いには注意

 

 S4シンプルが一番!ビジネス英語の心構え5つ[1]

英会話はその場で修正できますが、英文メールは一度送ると修正できません。メールに関しては、慣れないうちは社内で英語が得意な人に助けてもらうなど、相手に失礼のないようにしましょう。ここでも、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって、という5w1hを中心に、シンプルに書きましょう!

 

5. TOEICなどの試験を有効活用しよう!

 

 S5シンプルが一番!ビジネス英語の心構え5つ[1]

英語を学ぶうえで、一番必要になるのは継続するためのモチベーションです。学習の計画を立てる際に、TOEICなどスコアが出るものを利用するのもひとつの手です。「次のTOEICまでの2ヵ月でやるべきことはこれ。目標は○○点」といった具体的な目標を立てることが上達への大きな一歩です。

 

まとめ

 

いかがでしたか。英語に執着しすぎたり、完璧を求めすぎたりすると、自己嫌悪に陥ることになります。

それよりは、「なぜ英語を勉強するのか」を明確にしておくと続きやすいです。ビジネス英語や英会話は、自分の仕事を進捗させたり、取引先と円滑に業務を遂行するためにするわけですよね。その大切な部分を忘れずに練習を続ければ、上達のスピードは確実に早くなるはずですよ。

 

この記事を読んだ人におすすめ

E仕事で英語を使う人必見!ビジネスでよく使う英語フレーズ[1]

2014年10月10日

仕事で英語を使う人必見!ビジネスでよく使う英語フレーズ

E世界のエリートには常識?!英語でニュースを聞くメリット[1]

2014年10月24日

世界のエリートには常識?!英語でニュースを聞くメリット


新着記事

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

E 独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

【必見】独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

E勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

S2 【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

E【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①

【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①