2015年1月23日

話し方がすべてだった?!英語が通じる3つの方法


E話し方がすべてだった?!英語が通じる3つの方法[1]

 

英語の勉強で、よく聞く悩みのひとつが発音です。今回は、あなたの発音をネイティブらしくするコツをご紹介します。

さあ、一緒にカタカナ英語から卒業して、英会話を楽しみましょう!

 

1. トーンは低めに話す

 

S1話し方がすべてだった?!英語が通じる3つの方法[1]

全体的に低いトーンで話すと、ネイティブっぽく聞こえると言われます。確かに、低いトーンの方が子音を聞き取りやすくなる気がします。日本語も日頃から低いトーンで話すようにしていれば、そのうちあなたの英語もネイティブに近づくかもしれませんよ!

 

2. アクセントを意識する

 

S3英会話のレスポンスを速くする方法[1]

日本語はあまりアクセントがありませんよね。ですから、日本人が英語を話すときに苦労するのが、アクセントです。

Absolutely!
(まったくその通り!)

この言葉、「アブソルートリー」というようにカタカナを棒読みするだけでは英語には聞こえません。

アブソ「ルー」トリーというように、「ルー」の位置にアクセントがあります。

「ルー」を少し大げさに伸ばして、大きな高い声で発音すると、あら不思議!ネイティブの発音に近づいていませんか?

 

3. 正しい発音を知る

 

Eネイティブには常識!英文学の知っておくべき名言[1]

私たちは日本語が母国語ですから、その音を英語に当てはめようとしがちです。もちろん似た音もあるのですが、thやf, vなど、全然違う音もありますよね。

そこで、正しい口の使い方、舌の使い方を知ることが重要になります。一度、正しい発音を知ったら、それを繰り返し練習しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか。特にアクセントは重要ですね。抑揚をつけて話すことができれば、ネイティブっぽく話せるようになると思います。ぜひ実践してみてください!

 

この記事を読んだ人におすすめ

E日本人が英語を話せない3つの理由~永久保存版~[1]

2014年7月11日

日本人が英語を話せるようになる最短の方法とは?

Eスッキリ伝わる!短期間で英会話がうまくなる3つの方法[1]

2014年11月21日

スッキリ伝わる!短期間で英会話が上達する3つの方法


新着記事

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

E 独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

【必見】独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

E勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

S2 【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

E【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①

【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①