2014年11月7日

すぐに始められる!簡単に英単語を覚えられる3つのステップ


Eすぐに始められる!簡単に英単語を覚えられる3つのステップ[1]

 

英会話をするにしても、英語の資格試験にしても単語は重要ですよね?今回は、英単語をできるだけ早く覚える勉強方法をご紹介します。

 

1. 繰り返す頻度を増やす

 

E是非とも身につけたい!英語の文章力を向上させる方法[1]

いきなりですが、私、とても方向音痴なんです。一度行ったことがある所でも、すぐに道に迷って、同じところをグルグル回ってなかなか目的地に着けないんです。

そんな私が、どのようにして克服したかというと、覚えるまで何度も行きました(笑)!

単語も同じで、繰り返しが大切。「え?そんなの大変……」と言われてしまいそうですが、そうでもありません。むしろ、一度で覚えなくて良い(何度もやれば自然に覚えるから)と思った方が精神的にも楽ですよ。

 

2. イメージを描く

 

S2すぐに始められる!簡単に英単語を覚えられる3つのステップ[1]

人間ってもともと文字よりも映像の方が記憶できるそうです。それもそのはず、人類の歴史を振り返ると、文字ができたのって、つい最近のことですよね?

大昔の人は、あの動物は危険だとか、このキノコは毒があるとか、生死にかかわることを毎日経験していたわけですから、映像の情報は覚えておこうとする本能が働くわけですね。

なので、tree=木と覚えるよりも、treeを見たときに実際の木をイメージした方が覚えやすいのです。

 

3. 五感をフル活用する

 

S3すぐに始められる!簡単に英単語を覚えられる3つのステップ[1]

例えば、歌詞カードを見ずに歌を歌わなければならない状況になったとしましょう(どんな状況だ?!)。手っ取り早く歌詞を覚えるには、どうしますか?

おそらく、歌詞カードだけ見ても簡単には覚えられません。でも、曲を聞き、それに合わせて歌ってみると、意外と早く覚えられる気がしませんか?

その理由は、前者が目しか使わなかったのに対して、後者は耳で聞き、口を動かすという動作が加わったからです。感覚器官を使う数を増やせば増やすほど効果があります。

 

まとめ

 

単語の暗記と言うと分厚い単語帳とにらめっこしている図が想像されますが、決してそのようなものではありません。

文字から絵をイメージして覚えたり、耳を鍛えたりできる教材がいいでしょう。薄くていいので繰り返し、そして全身を使って覚えると早く深い記憶が得られます。是非、自分なりの方法を試してみてください。

 

この記事を読んだ人におすすめ

E是非とも身につけたい!英語の文章力を向上させる方法[1]

2015年1月9日

英会話にもつながる!英語の文章力を向上させる方法


新着記事

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

E 独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

【必見】独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

E勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

S2 【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

E【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①

【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①