2014年12月5日

速攻!英語をマスターするためのマインドとは?


E速攻!英語をマスターするためのマインドとは?[1]

 

英語をマスターするために必要なマインドをご紹介します。マインド?と思われるかもしれませんが、英語や英会話を勉強するうえで、実は、知識よりもこちらの方が重要だったりするのですよ。

 

1. 日本人は英語が苦手ではない

 

S5シンプルが一番!ビジネス英語の心構え5つ[1]

「日本人の英語力はアジア諸国の中でも最底辺に属しており…」のような英語教育に対する批判を一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし、本当にそうなのでしょうか?

アジア諸国の最底辺と呼ばれる根拠として、TOEFLの平均スコアがよく出されます。しかし、大学への進学率が高い日本では、英語に興味の無い人でも単位のためTOEFLを受けさせられるのに対して、他の国でTOEFLを受ける人の多くは、留学を目指している超エリートばかりです。

実際のところ、日本人の英語力は低くないのに、低いと暗示をかけられているだけなのかもしれません。

 

2. 実は日本人は英語が話せる

 

S2速攻!英語をマスターするためのマインドとは?[1]

日本人は英語を話せないとよく言われます。ただ、これは何も英語に限った話ではないのではないでしょうか。

日本人はレストランで相席することを嫌いますし、電車で隣に座った人とおしゃべりをすることもまずありません。つまり、持つべきものは、知らない人とでも積極的に話すマインドなのではないでしょうか。

海外ではエレベーターに乗り合わせた人と、最低でも挨拶はしますし、よく出会う人とは世間話に発展することもあります。もちろん、治安面も含めて「知らない人は怖いから」という海外の事情もありますが、フランクに話が始まるのは彼らの持ち合わせているポジティブなマインドのおかげとも言えます。

 

3. プラス思考を持つ

 

S3速攻!英語をマスターするためのマインドとは?[1]

英語で話しかけてみても通じなかったり、無視されてしまった経験があったりして、英語で話すのが嫌になってしまった人もいるかもしれません。ただそれは、相手の機嫌がたまたま悪かっただけかもしれませんし、英語にもいろいろな方言がありますから、その人にうまく伝わらなかっただけかもしれません。

まずは、常にプラスの言葉を言い続けましょう。悲観的なことを言っているとマイナス思考に陥り消極的になってしまいます。逆に肯定的なことを常に言っていると、積極的になり、会話もうまくいくものです。

まとめ

 

英語力も大切ですが、その前に対人関係に積極的になることが英語をマスターする第一歩だと思います。行動パターンは潜在意識に定着してしまっていることが大半なので、すぐに変えることはできないかもしれませんが、普段発する言葉はマインドを変えることができます。是非、実践してみてください。

 

この記事を読んだ人におすすめ

Eスッキリ伝わる!短期間で英会話がうまくなる3つの方法[1]

2014年11月21日

スッキリ伝わる!短期間で英会話が上達する3つの方法

E日本人が英語を話せない3つの理由~永久保存版~[1]

2014年7月11日

日本人が英語を話せるようになる最短の方法とは?


新着記事

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

E 独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

【必見】独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

E勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

S2 【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

E【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①

【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①