2015年2月25日

英語がペラペラ通じるようになるコツ②~トピック編


E英語がペラペラ通じるようになるコツ②~トピック編[1]

 

英語のネイティブと街中で出会い、会話をする機会があるかもしれません。そんなときに、英語が苦手でも会話を楽しめるコツをお伝えいたします。

 

1. 共通の話題を持つ

 

S1英語がペラペラ通じるようになるコツ②~トピック編[1]

日本人同士でも、共通の話題が無いと会話が続かないものです。まして、バックグラウンドが違う外国人との会話はなおさらぎこちない会話になりがちです。

文化が違い、今日初めて会った人とでも簡単に持つことができる話題を知っておくと、とても便利です。

 

2. 万国共通の話題とは?

 

S2英語がペラペラ通じるようになるコツ②~トピック編[1]

ズバリ言って、食文化ネタが最も外れが少ないです。スポーツも万国共通だとよく言われますが、スポーツに全然興味がない人の場合は、”I don’t know…”と言われてしまい、会話が続かないかもしれません。

海外旅行で来た人であろうと、日本に在住している人であろうと、食事をしない人はいません。そういう意味では誰でも興味を持ちやすい話題だと言えるでしょう。

 

3. お好み焼きを英語で紹介!

 

S3英語がペラペラ通じるようになるコツ②~トピック編[1]

では、お好み焼きを例に取って英語で説明してみましょう。昼食を食べる場所を探している外国人にお好み焼きを薦めたところ、それは何かと聞かれた場面を想定してください。

ポイントは3つに絞ると良いでしょう。

お好み焼きであれば、

1. お好み焼きは「お好きなもの」を焼いた料理という意味。
2. 小麦粉の生地とキャベツ、肉、魚介類でできている。
3. 上に特別なソースを塗って、ふるまわれる。

では、英語にしてみます。

1. Okonomiyaki means “whatever you like” baked dish.
2. It’s made of thick flour mix, cabbage, pork, and seafood.
3. Special sauce is added on top and served.

文で書くと難しく見えるかもしれませんが、会話で使うなら、もう少し短く簡単にしても問題ありません。

 

まとめ

 

英会話を楽しむためには、英語力を上げることももちろん大切ですが、コミュニケーションである以上、どんな話題を話すかということも非常に大切です。

他にも、自分が外国人に薦めてあげたい!と思うものをあらかじめ英語で考えてみてはどうでしょうか?きっと「その時」が来たときに役立つはずです。

 

Let’s speak English! 英語は必ず話せる!

 

この記事を読んだ人におすすめ

E意外や意外!ネイティブは日本のココが好き[1]

2014年9月5日

意外や意外!ネイティブは日本のココが好き


新着記事

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

E 独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

【必見】独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

E勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

S2 【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

E【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①

【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①