2015年3月6日

My name isはもう古い?!意外に知られていない自己紹介の方法


E自己紹介[1]

 

外国人と話をしようと思ったら、まず自己紹介が必要ですよね。でも、その自己紹介の方法が昔とは少し変わってきているんです。

 

1. 名前だけを言う

 

S1自己紹介[1]

最もカジュアルです。相手が名乗ってきた場合には、基本的にこのパターンで問題ないです。

A: Hi, I’m Nick, and you?
(やあ、私はニックです、あなたは?)
B: Lisa. Nice to meet you.
(リサです。はじめまして。)

 

2. I’m ~.

 

S2自己紹介[1]

I’m ~. は上記のように、カジュアルな表現です。日本語でも「私は~です。」と言いますが、それと同じ感覚です。

ちなみに、I am ~. と言ってam の発音が強すぎると、「私が~だってば。」という意味になりますので、I’m ~. とサラっと言ってください。

 

3. My name is ~.

 

S3自己紹介[1]

古いというよりは、フォーマルな表現です。ビジネスやプレゼンなどで、自分のことを説明する場合に用います。

(電話で)
A: May I ask who is calling first?
(まず、お名前を伺ってもいいですか。)
B: My apologies. My name is Tom Beck, from Comunica Corporation.
(すみません。私の名前はTom Beck、Comunica Corporationのものです。)

(プレゼンで)
As many of you will be aware, my name is Betty Cotter, and I have a special presentation planned for you today.
(多くの方がご存じでしょうが、私の名前はBetty Cotterで、今日は皆さんに特別なプレゼンテーションを予定しています。)

 

まとめ

 

日本語の場合もそうですが、My name is ~. はフォーマルな、かしこまった表現です。

軽いあいさつ程度なら、I’m ~. が自然です。シチュエーションに応じて使い分けてみてください。

 

この記事を読んだ人におすすめ

E日本人がよくやる英語I and my friendって間違いなの?![1]

2015年2月2日

日本人がよくやる英語~I and my friendって間違いなの?!

Eあなたの英語もネイティブに?!驚くべきjustの使い方[1]

2015年2月4日

あなたの英語もネイティブに?!驚くべきjust の使い方


新着記事

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

E 独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

【必見】独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

E勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

S2 【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

E【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①

【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①