2015年6月5日

アメリカで絶対に食べたいご当地グルメ


Eアメリカで絶対に食べたいご当地グルメ

アメリカの食事といえば、どんなものを想像しますか?ハンバーガー、フライドポテト、ピザなどの一般的なファーストフードが多いのではないでしょうか。

でも、日本でも寿司、天ぷら以外にたくさんの料理があるように、アメリカにもご当地グルメはたくさん存在します。アメリカに行ったら、せっかくの機会ですから普通のファーストフード以外にも挑戦してみませんか。

1. アメリカでご当地グルメを食べるには?

 S1アメリカで絶対に食べたいご当地グルメ

やはり現地の人に聞いてみるのが一番です。最近はネットでなんでも検索できるようになりましたが、現地の人と触れ合うのも旅行の醍醐味です。例えばハワイだとこんな会話になります。

あなた
I like hamburgers, but what foods are famous in this state?
(ハンバーガーも好きだけど、この州で食べるとしたら何がおススメですか?)
現地の人
Hawaii has lots of hamburger joints but it’s most famous for the Loco Moco.
(ハンバーガーショップもたくさんあるよ、でもハワイといえばやっぱりロコモコが有名かな。)

 

2. 食べるのに勇気がいる料理

アメリカの南部では、ナマズのフライ(fried catfish)をよく食べるそうです。

日本で食べる習慣のない食材など、珍しい料理は食べるのに勇気がいりますね。どんな味か聞いてみたり、日本との違いを説明してみたりしてはいかがでしょうか。現地の文化に触れる、いいきっかけになりますよ。

あなた
Can you tell me what the Fried Catfish tastes like?
(ナマズってどんな味がするの?)
現地の人
It tastes a lot like fried tuna, or chicken and is a little salty.
(シーチキンとか、鶏肉っぽい感じ。塩味がちょっと効いてるよ。)

 

3. アメリカに行ったらぜひ食べてみたいご当地グルメ

 S3アメリカで絶対に食べたいご当地グルメ

・ロブスターロール(マサチューセッツ州)

プリプリとした食感のロブスターをサンドした料理。ロブスターは低カロリーで高タンパクと、意外とヘルシーなのもポイントが高いですね。NYでも流行っているそうです。

 

・ウチワサボテン(アリゾナ州)

アリゾナと言えばグランドキャニオンで有名ですが、メキシコとの国境の1つでもあるためメキシコ料理の影響を強く受けています。ちなみに食用サボテンは50種以上もあるとのこと。

 

・タコス(テキサス州)

日本にもタコベルが上陸しましたが、やはり現地で食べる味は格別です(タコベルはカリフォルニア発の会社です)。

 

・バイソンバーガー(ノースダコタ州)

バイソン(バッファロー)のお肉を使ったハンバーガー。思ったよりクセは少ない?

 

お店の人に料理を勧められたら、このように答えてみましょう。

お店の人
Everyone in town knows our shop has the best bison burger around here.
(ここらだと、うちの店のバイソンバーガーが最高だってことをみんな知ってるよ。)
あなた
That’s great! I’d love to try one.
(すごい、ぜひ食べてみたい。)

 

まとめ

食事の話は会話ネタの鉄板ですよね。私もランチを食べているときに、よく友人とごはんネタで盛り上がります(笑)。

日本にいる外国人と知り合ったら、

What foods are famous in your hometown?
(あなたの故郷ではどんな食べ物が有名ですか)

と聞いてみましょう。会話が弾み、新しい友達が増えるかもしれませんよ。

(参考サイト https://www.mapbox.com/labs/foursquare/statetastes/)

 


新着記事

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

E 独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

【必見】独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

E勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

S2 【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

E【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①

【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①