2015年6月17日

【知っ得】ネイティブ並にlandを使いこなそう!!


E【必見!】land itの使い方

アメリカのFOXニュースによると、第11回モンスタージャム(アメリカで人気のモータースポーツで、モンスタートラックという超巨大なトラックがウィリーしたりジャンプしたりする競技)の決勝戦でトム・メンツという人が新たな歴史を残しました。

モンスタートラックを宙返りさせ、四輪で着陸しないと成功とみなされないのですが、彼が今回初めてそれを成し遂げたのです。その記事の中で、[land]という単語が使われていました。この機会に[land]の使い方を押さえておきましょう。

1. 何かを達成した時に使う[land]

 S1 【必見!】land itの使い方

「達成する」という単語は「accomplish」と覚えたかもしれませんが、もっと簡単に[land]で表すことができます。今回の記事では以下のように使われていました。

“Tom Meents landed the first-ever front flip in a monster truck.”
(トム・メンツはモンスタートラックで前方宙返りを初めて成功させた。)

 

もちろん、[land]は日常生活でもよく使う単語です。

He landed a new job!
(彼は新しい仕事をついに見つけた!)

 

2. 場所の移動を表す [land]

 S2 【必見!】land itの使い方

ふつう[land]というと皆さんは「土地」と言う名詞をイメージするのではないでしょうか。先ほどの「達成する」以外にも、[land]「~を着陸させる、着陸する」という動詞としての意味も知っておきましょう。

例1

Wow, she landed the plane smoothly.
(すごい、彼女は飛行機をスムーズに着陸させた。)

 

例2.

That gymnast really stuck his landing.
(その体操選手はすばらしい着地をした。)

 

3. [land]を使った熟語

 S3 【必見!】land itの使い方

会話の中で熟語をうまく使えば、シンプルな文で説明ができるようになります。 [landed on one’s feet]はよく使うフレーズで、「困難を乗り越える」や「うまくやる」という意味を含みます。

例1.

When she lived by herself, she really landed on her feet.

(彼女は一人暮らしをした時、立派に自立できた。)

例2.

It may take a few months to speak English with confidence, but we’re sure you’ll land on your feet.

(自信を持って英語を話すのは数か月かかるかもしれませんが、私たちはあなたが必ずやり遂げると確信しています。)

まとめ

[land]の使い分けを知っておくと、いろんな場面で役に立ちますね。英会話以外も、TOEICやTOEFLなどのスピーキングテストにも使えるので、今の内に覚えておきましょう。 [land]はポジティブな意味で使われることが多いので、これからもどんどん使ってみましょう。


新着記事

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ④

E 【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ③

E 独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

【必見】独学で英語マスター!?「英語耳」を身につける3つの方法

E勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

【要注意】勘違いしやすい英語フレーズまとめ②

S2 【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

【必見】英語学習の励みになる名言まとめ5選

E【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①

【要注意】間違って使いやすい英語フレーズ①