構想から9年。
不器用だからこそ
可能にした教材とは

手抜きもできない
不器用な開発者の話

私が英会話教師を 辞めた理由。

私は教育業界での経験を活かして、日本人の多くが苦手とする英会話の上達方法を開発してきました。

以前は教師として数十人の生徒に教えていましたが、その限られた生徒だけではなく、全国の一人でも多くの方々に英語を気軽に身に付けてもらいたいと考えたのです。

研究を重ねた結果、短期間であのネイティブの早口な英語を聞き取り、理解したい人に最適な方法を開発しました。

そして、英会話教育方法への応用に成功したのです。

img-sp-elne-main01

足繁く通った アメリカ本土。

本来、英語はネイティブと話をするためのものですが、日本で学ぶ英語はあまり使われないフレーズが多い等、「よく使われる正しい英語」が学びにくい状況でした。

これを解決するために、私はまずはアメリカ本土に通い続け、開発費を意識せず、「本物の英会話」を追求したのです。

 

スタンフォード大学 UCLA。手抜きできない 不器用な開発方法

エブリデイイングリッシュは構想9年。その長期開発の理由は、お客様に効果を実感していただくために、確実にバックデータがとれた状態でしか教材にしないからです。

とても不器用な開発方法とも言えるでしょう。

教材開発はアイデアだけではなく、スタンフォード大学卒・UCLAのネイティブ達や、その他数多くの方に使っていただき、改善を重ねた結果を教材開発に応用しています。

つまり確実に効果が出るものだけを教材化しているのです。

東大生にも高い評価 成果ある教材。

日本でも東大生、言語学研究者の大学教授、世界で活躍中の大学助教など、多くの方々にご協力頂き、学び易さを追求しました。

ブリュッセル・コペンハーゲン・ウィーン・・・
32.4万キロもの 教材開発、世界の旅。

エブリデイイングリッシュは世界の旅でも通用する英会話を追求しました。

実際にヨーロッパの国々へも出向き、日本人に必要な会話例を真剣に考えて開発したこだわりの教材なのです。

img-np-copen

わずか1188語で こんなにも豊かな 会話を実現

構想から9年。世界中で今話されている英語を追求すると、わずか1188語で海外での英会話に困らない教材を作ることができました。

当然、語彙力が多い方がベストですが、「時間がない」「忙しい」「急な海外出張で」という方々がライフスタイルを変えることなく短期間で「必要な英語だけをまず身に付ける」にはこれ以上のものはないでしょう。

本当に嬉しい。 これ以上のものは もう作れない。

独自の技術開発である「2段階スピード」や「2段階周波数」の特許出願、商標登録、開発データに関してはオタクの域と自嘲しております。

この教材が完成出来て本当に嬉しい。

これ以上のものはもう作れない。そう思えるこだわりの教材になりました。

ご協力いただいた皆様、 ありがとうございます。

最後になりましたが、ご協力いただいた皆様、ありがとうございます。

お客様には、このたび返品保証を用意しました。それだけ自信があります。

まずは無料で取り寄せて聞いてみてください。


WEBで無料試聴を確認


60日間無料体験1分で受付
60日間無料体験
1分で受付
カートに入れる
カートに入れる

 

カートに入れるカートに入れる 無料試聴CDを申込無料試聴CDを申込